メニュー 閉じる

予算のオーバーの原因

リフォームをすると、予算を結果的に大きくオーバーする人が多いそうです。

その理由は、当初の見積もりよりも設備や建材のグレードを上げてしまうからだそうです。

初めは標準的なものでキッチンを考えていても、ショールームで別のものを見ると、目移りいてしまうそうです。

そしてそれらを選ぶということもあるそうです。

カタログを見ているうちにオプションを次々と採用してしまうということもあるそうです。

見積もりをもらってから、実際に工事を始めるまでの期間はケースによって違うそうですが、1〜2ヶ月程度が一般的だそうです。

この間に決めきれていなかった設備や建材を選ぶとついつい、もっと良いものが欲しくなったりするそうです。

予算内で収めたいならば、他をグレードを下げたりして調整するしかないそうです。

自分の中の優先順位は何なのかをよく考えておくことが大切だそうです。

プランの詰めが甘かったりすると、工事をしている最中にあれこれと追加したくなったりするそうです。

例えば、予定になかったような壁面収納を追加したり、リフォームの予定もなかった部屋もやっぱりリフォームをしようと工事を依頼したりということもあるそうです。

設計図は契約するまでにしっかりと目を通しておかないといけないそうです。そして出来上がりをイメージしておくことが大切だそうです。

壁を剥がしてみたら、木材が腐食していたり、補強が必要だったりするということもリフォームではしばしば起こったりするそうです。

こうならないためにも、リフォーム会社にはしっかりと調べておいてもらうのが大切だおうです。ある程度の、予備費というのはあったほうがいいそうです。リフォームの結果が気に入らない場合、その修正が発生するということもあるそうです。

CHAMBRAY’s 失敗しないリフォームのHOMEへ