メニュー 閉じる

中古住宅購入時のローンの一本化

中古住宅を購入してリフォームをする場合は、従来なら住宅購入費用は住宅ローンで、リフォームは現金かリフォームローンに分かれているのが普通だったそうです。

最近は、購入費用とリフォーム費用を一括して住宅ローンを利用できる金融機関が増えているそうです。

低金利で借りられて、手続きも一本化できて便利だそうです。そのためには、物件探しとリフォームの依頼先選びを並行しないといけないそうです。

ローンの申込みをする際にリフォームの見積書や契約書が必要にあるからだそうです。

購入する中古物件が決まったら、不動産会社に購入の申込みをするそうです。

その後にローンの可能性を探るために、一つまたは複数の金融機関にローンの事前審査を申し込むそうです。

その際にリフォームの会社の見積もりが必要となるそうです。

不動産売買契約を経て、ローンの申込みをする段階になると、大規模リフォームでは工事契約書を契約しなければならないという場合もあるそうです。

しかし、購入申込みから契約までの期間というのは、一週間から2週間しかないそうです。場合によってはもっと急かされる場合もあるそうです。この間にリフォームの工事の見積もりや契約を一気に行うのは、かなり無理があるそうです。

少なくとも、それ以前にリフォームの会社を決めておかないといけないそうです。

リフォームを前提に中古物件を購入するあらば、物件探しと並行してリフォームの依頼先を選んでおくことが必要だそうです。

リフォーム会社には中古住宅を探していることを伝えるといいそうです。そしてプランの要望や全体の予算のことなどを相談するといいそうです。

物件探しからリフォームまで一貫してサポートしてくれる会社もあるそうです。

CHAMBRAY’s 失敗しないリフォームのHOMEへ