メニュー 閉じる

リフォームの保証や保険

リフォームの工事が完了した後に、なにか不具合が見つかったらどうなるのかという心配はあるかと思います。

そういった心配は、保証書があれば払拭できるそうです。

保証書といのは、保証期間を決めて、その期間内ならば不具合を無償で直してくれるというものだそうです。家電などの保証と同じだそうです。

リフォームの場合は、部分ごとに保証期間を決めていることが多いそうです。構造上主要な部分や雨漏り防止部分において10年間保証するという会社もあるそうです。建具や内装などは1〜2年が多いそうです。

ただすべての会社が保証をしてくれるわけではないということです。保証の有無や期間については、事前に確認をするようにしなければならないそうです。

保証を確実なものにするのが「リフォーム瑕疵保険」というものだそうです。瑕疵というのは欠陥のことだそうです。リフォーム会社が特定の保険会社に保険料を支払うことで、欠陥が見つかったときに保険金が保証されるものだそうです。

万一そのリフォーム会社が倒産しても、その際には保険金が施主に直接支払われるそうです。

リフォーム瑕疵保険の対象部分というのは、リフォーム工事を行ったすべての部分だそうです。保険期間というのは、構造上主要な部分が5年間、そのほか1年間だそうです。

保険に加入できるのは、保険法人への登録会社に限られているそうです。保険の申込みは工事ごとに行うそうです。

この制度を利用したい場合は、登録会社を探して、保険の申込みを依頼するといいそうです。

登録会社を探すのは「住宅瑕疵担保責任保険協会」のホームページで検索できるそうです。保証制度がなくても、不具合に誠実に対応してくれる会社もあるそうです。

CHAMBRAY’s 失敗しないリフォームのHOMEへ