メニュー 閉じる

活用したい制度

リフォームをすると一部の税金が戻ってくる制度があるそうです。

補助金が支払われる制度もあるそうです。上手に使って、お得にリフォームをするといいそうです。

リフォームで補助金が支払われるので、代表的なものは、耐震補強だそうです。

多くの自治体が耐震診断および耐震補強に補助金を出す制度を実施しているそうです。

1981年の新耐震基準以前に建てられた家を対象としているそうです。補助金額などは自治体によってはさまざまだそうです。

詳しい話は、ホームページを見たり、直接電話したりして確認するといいそうです。

介護のための改修も一定金額まで補助金が出るそうです。これは改修の内容が決まっているそうなので、ケアマネージャーに相談するそうです。工事費の9割まで補助金が支給されたりするそうです。

大規模リフォームや中古住宅を買うときなどは、借入額の多いときにとてもお得感があるのが、住宅ローン減税だそうです。

ローンの年末借入残高の1%が支払った所得税から戻り、戻りきらない分が一定限度まで住民税から戻るというものだそうです。

消費税のアップで、控除の限度額もアップしたそうです。この住宅ローン減税というのは、返済期間10年以上のローンを利用したときに使える制度だそうです。

一方で、5年以上のローンを利用してリフォームのローン型減税だそうです。

省エネとバリアフリーおよび三世代同居リフォームが対象だそうです。これらのリフォーム以外の費用も含めた借入額から5年間で最大62万5000円まで戻るそうです。

現金でリフォームをしった場合に使えるのが投資型減税だそうです。上限があるものの、支払った所得税から戻るそうです。省エネ設備も補助金対象の自治体もあるそうです。

CHAMBRAY’s 失敗しないリフォームのHOMEへ