メニュー 閉じる

見積書の見方

見積書の体裁というのは、会社によって違うそうです。それでも、ほぼ工事の種類ごとにその内容が記載されて、その量と単価、合計金額が記載されるそうです。

どの商品をどれだけ使って、それがいくらなのかというのが書いてあるということだそうです。

この見積書を見れば、自分の出した要望が入っているのかどうか、その金額はいくらになっているのかどうかを確認することが大切だそうです。

設備などは、メーカーの希望小売価格がカタログには記載されているそうですが、取引条件などからリフォーム会社によっては、施主に引き渡す際の金額が違っていることも多いそうです。その違いも比べたらいいそうです。

リフォームの会社によっては、希望したものと類似の商品をより安く仕入れてくれる場合もあるそうです。そういうときは事前に商品の説明を聞いて、どういう商品なのかを確認しておくといいそうです。

見積書をチェックして、プランの内容を設計図で確認するといいそうです。

リフォームの範囲や間取り変更の内容などは設計図をみないとわからないそうです。設計図を見ながら、担当者から説明を聞いておくことが大切だそうです。

また、同じ材料を使ったとしても、張替えと重ね張りというのは違うそうです。工事内容によって施工費用がかなり変わる場合があるそうです。

そういったことを確認して、内容を比べることが大切だそうです。

各社の総額だけで判断しないように気をつけないといけないそうです。

見積書にでてこない工事というのは行われないそうです。

工事の内訳というのがなくて、一式ばかりといったような曖昧な見積もりは要注意だそうです。使用されている材料のグレードと金額は見比べて欲しいそうです。

CHAMBRAY’s 失敗しないリフォームのHOMEへ