メニュー 閉じる

見積のとり方

自分のやりたいリフォームはいくらかかるのかを提示してもらうのが、見積もりだそうです。

その依頼というのは、現場調査をするときに行うそうです。

現場の調査は、リフォームを予定している家の状態を調べるのが目的だそうです。

調査結果を踏まえて、要望を聞きながらプランニングするそうです。

そしてそのプランがいったいいくらぐらいでできるのかというのを出したのが見積もりだそうです。

見積もりを複数の会社に依頼して、比較検討しようという場合には、来てもらう日程の調整が必要だそうです。

工事規模にもよるそうですが、1社2時間以上はかかると思ったほうがいいそうです。

同日でやってもらうならば、時間をずらすように設定したらいいそうです。

当日までにある程度は部屋を片付けておいたほうがいいそうです。そのほうが作業が捗るそうです。

家の図面は調査の参考になるということで、あるならば用意したほうがいいそうです。

またリフォームの増築の履歴というのもあれば準備したほうがいいそうです。その際の図面に工事をした年月を加えておくようにしたらいいそうです。

現場の調査の前後には、施主からリフォームの条件の要望を伝えるそうです。スムーズに伝えることができるように、やりたいことやだいたいの予算は事前にメモをしておくといいそうです。

複数の会社に依頼する場合は、条件や要望を変えないで伝えないといけないそうです。後で比較検討がやりにくいからだそうです。

また、予算や要望を書いた紙は、会社の数だけコピーしておくことが大切だそうです。

各社の現場の調査のやり方をよく見ておくとよいそうです。会社を選ぶ基準のひとつになるそうです。プロらしいアドバイスや担当者の力量も大切だそうです。

CHAMBRAY’s 失敗しないリフォームのHOMEへ