メニュー 閉じる

施主支給の問題点

リフォームで一般的なのは、設備機器などの商品を施主が選んでリフォーム会社からメーカーなどに発注をして、リフォームの現場に届けられるということになるそうです。

施主支給というのは、施主が自らインターネットなどで商品を購入して、リフォーム会社にそれを支給するのだそうです。それをリフォーム会社が設置するというプロセスになるそうです。

発注段階をリフォーム会社が行うのか、施主が行うのかというのはとても大きな違いなのだそうです。

もちろん、施主が発注する方は、支払いの方も直接販売者に行うということになるそうです。

この施主支給というのを認めてないリフォーム会社もあるそうです。

施主支給の商品というのは、インターネットやお店に行って購入することになると思います。

ここで一番気をつけなくてはならないのは、購入する前に施主支給したいということをリフォーム会社に伝えることだそうです。

そうでないと工程が大きく狂ってしまうからだそうです。

施主支給というのは、リフォーム会社が扱っていないものを使えることができますし、安い価格で入手できたりもするので、それなりにメリットもあるそうです。

照明器具などならそんなに問題はないそうです。

ただ、キッチンなどの大型商品となると問題点が出てくるそうです。

そもそも施主がその商品に対してキチンと知識を持っているかが問題だそうです。

そして本当に質の良い商品を選んでいるかどうか、納期が工程に合うのかどうか、保管場所に困るようなことはないのかといったことがあるそうです。

リフォーム会社を通してない場合のアフターメンテナンスはどうなるのか。

責任をきちんと取ってくれるかどうかを確認しなければならないそうです。

CHAMBRAY’s 失敗しないリフォームのHOMEへ