メニュー 閉じる

デザインと内装工事

業者に内装工事の依頼したときには、必ず見積書が提出されます。見積書の内容には、設備工事や仮設工事などの項目が書かれており、行われる工事は、見積書に書かれている工事だけになります。自分が行うだろうと思っていた工事が行われておらず、見積書にも書かれていなかったというトラブルも考えられます。後から追加工事を頼むと更に費用もかかってしまうため、見積書はきちんと確認しておきましょう。慣れていないときには、書かれた内容がよく分からないということもあるかもしれません。疑問点はその場で確認をして、しっかりと答えてくれない業者に依頼をすることはやめておいた方が安心です。実際に業者に依頼をするときには、2種類の方法があります。ひとつは、デザインを行う時点から、実際に内装工事を行うまでを1社で行ってもらう「一括依頼」の方法です。初めから最後までひとつの会社であるため、認識のズレが少なくなります。また、トラブルが起きたときにも責任の所在が明らかにしやすく、業者の間で責任をなすりつけ合うような事態も避けることができます。デメリットとしては、デザインから工事までやってもらえる一方で、例えばデザインの技術が劣っている可能性があるという可能性があります。どうしてもデザインを専門でやっている会社には負けてしまうのです。一方で、デザインの設計会社と内装工事を行う業者、それぞれに頼む場合のメリットデメリットは反対になります。一括で依頼するときと比べて専門性が高く、それぞれで納得のいく業者を選ぶことができるのが魅力です。また、どちらも会社が違うために、第三者的なチェックをしてもらえるために安心感があるというメリットもあります。