メニュー 閉じる

工事の出来不出来は職人さん頼み

外壁の塗り替えを考えたとき、見積書を持ってくるのは営業マン、施工前に一度くらい職人が現場を下見に来るかもしれませんが、基本的に契約は営業マン、作業は職人さんです。当たり前に聞こえますが、実はこの当たり前のことが大きく影響するのです。営業マンの仕事は、あくまで“契約を取ること”。営業マンがどんなに一緒になって、依頼人の家のためにといろいろ考え、感謝されたとしても、契約が取れなければ、実績はゼロ。つまり仕事をしたことにはなりません。依頼人に怪しいとか、しつこいと思われるぐらい必死になって営業をしてくるのは、彼らにとっては自分の仕事を一生懸命しているだけのことなんです。実は、一番にあなたの家のことを相談しなければいけない相手は、実際に作業を進める職人さんなんです。依頼人のあなたの家を美しくよみがえらせるのは職人さんの仕事だからです。職人さんにとっては、作業をきちんと進めるのが仕事であって、その家の大小や、塗り替えに惜しみなくお金を使うお客様であろうがなかろうが、むしろ関係ないことです。それよりは、しっかり仕事をし、安全に現場を勤め上げようとか、そちらのほうが重視されます。そんな職人さんの仕事のほうが、依頼人にとってはとても重要なことです。あなたの家の塗り替えが成功するのも、失敗(依頼内容と施工結果とのズレが生じた場合)に終わるのも、職人頼みというところが大きいのです。その辺を良くわきまえておかないと、後で後悔することになってしまいます。